我が子の可能性を最大限に引き出す~幼児教室や保育園~

子供

保育園選びのポイント

三人の子供

保育園選びで迷っている人は多いでしょう。 福岡には多くの保育園があります。保育園を選ぶ際には見学に行くことをおすすめします。見学の際は掲示物を注意して見てみましょう 。園のカラーがでています。

詳しく見る

無料体験を利用しよう

笑顔の子供

我が子の才能を開花させるため、幼児教室に通わせる人は多くいます。 教室選びにはポイントがあります。まずは体験授業を受けてみましょう。また教室が合わない時は辞める勇気も必要です。自由が丘 には他にも教室はあります。

詳しく見る

小学生の頃からの環境

勉強する女の子

小学校受験を行う人は大阪でも増えています。色々メリットはありますが良い環境で勉強して学生生活をおくれることがメリットです。幼児教室に行って受験勉強を行ないますが、それ以外でも家庭で行えることも多くあります。

詳しく見る

早期からの幼児教育

女の子

小さい子は物事の吸収が早く色々なことをあっという間に吸収し習得していきます。そのスピードにはいつもびっくりさせられます。自分の子には色々なことも経験させたいと考えている親御さんは多いでしょう。人間の脳は3歳までに色々な刺激を与えるといいと言われています。とくに右脳は早くから使うことが大切と言われているため、最近では多くの方が幼児教室に通い幼児教育を早くから行なっています。右脳は暗記や芸術など感覚的なことを行なう脳です。それに対し左脳は計算や言語など理論的なことを考える時に使う脳です。3歳以後は左脳を多く使うことが効果的と言われています。しかしこの幼児教育は正しく行なうことがとても大切です。親御さんの中には自分で幼児教育を行なう方もいるでしょう。しかし、自分で幼児教育を行なう際は気をつけることがいくつかあります。それは一方的に情報を押しつけないとう言う事です。まだ小さいうちから教育すると教育されることがパターン化し自主性がなくなってしまうことが懸念されています。また過度な親の期待はプレッシャーとなり、期待に答えられない=ダメな子と思い込み自己肯定することが出来ない子になることも考えられています。小さい時は情報などよりも人間形成に必要な様々な経験があります。これらを経験させ育むことも大切です。そのため幼児教育は、専門に行なっている幼児教室に任せるようにしましょう。早期に幼児教育を行なう時はその子の発達に合わせた教育を行うこと、また楽しませながら学ばせるということが大切です。